平成29年度 金丸脳神経外科 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 0 3 2 6 30 58 118 159 190 59
昨年と比較すると高齢化(90代の患者が増加)が進んでいます。また、70代と80代の差が開いているのが分かります。これは、患者さん自身が予防に努めており、医療の質の向上に伴う効果が得られているのではないかと推測されます。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060×2990401 脳梗塞(発症3日以内、JCS10未満、脳保護剤あり) 96 18.13 16.38 1.60% 74.0
010040×099×00× 脳出血(JCS10未満、手術なし) 59 20.23 19.10 1.28% 71.0
160100××97×00× 外傷性慢性硬膜下血腫(手術あり) 45 22.00 9.68 0.64% 80.4
030400××99×××× 良性発作性頭位めまい 32 4.00 5.15 0.00% 71.0
010060×2990201 脳梗塞(発症3日以内、JCS10未満、脳リハあり) 23 17.13 16.51 0.48% 76.0
昨年と同様に、1位が脳梗塞、2位が脳出血、3位が外傷性慢性硬膜下血腫となっています。上位3位とも昨年を上回る数になりましたが、分類別によると、比較的軽度の分類となっていますので、早期発見または、軽度の状態で受診したという事が推測されます。また、分類からも分ようにる脳梗塞に関しては、エダラボンという脳保護剤(脳梗塞急性期に使用する)を投与して再発防止に努めております。外傷性慢性硬膜下血腫に関しては、毎年のごとく上位を占めますが、高齢の方に好発しやすい疾患ですので致し方ないのかなとは思いますが、当院では手術適応の患者さんが多い結果となっています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - - -
大腸癌 - - - - - - - -
乳癌 - - - - - - - -
肺癌 - - - - - - - -
肝癌 - - - - - - - -
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 - - -
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 211 20.43 77.0 0.64
その他 36 21.47 74.0 4.48
3日目以内が大多数を占める事が分かります。これはいかに脳梗塞の症状が重い疾患なのかが明確に表れています。また、遅くなればなるほど、転院率も上昇しており、合併症に繋がりやすいという結果も見てとれます。平均在院日数では、3日目以内とその他を比較しますと、日数が長くなっている事が分かります。病気は早期発見が一番と言わる通りデータから見ても早い段階で治療した方が良いのが分かる結果となりました。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 32 6.0 50.0 0.48% 81.0
1771 脳動脈瘤頚部クリッピング術(1箇所) 17 3.0 23.0 0.00% 59.0
1426 椎弓形成術 - - - - -
主要手術別患者数では慢性硬膜下血腫穿孔洗浄が一番多い結果となりました。外傷性・非外傷性慢性硬膜下血腫という病気に対する手術となっており、比較的、高齢の方に多い結果となっています。続いて多かったのは、脳動脈瘤頚部クリッピング術で、未破裂脳動脈瘤・破裂脳動脈瘤(くも膜下出血)という病気に対する手術となっています。近年では未破裂脳動脈瘤での症例が多くなっています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
更新履歴
H30.9.26
機能評価係数2の保険診療指数における「病院情報」最新を公開しました。